希望している豊胸手術はシリコンバックで行うのが良い

1番手軽なのはヒアルロン酸

1番手軽なのは、ヒアルロン酸を注入する方法かもしれません。
ヒアルロン酸は、親和性がよくこれが原因で身体の状態がおかしくなることはあまりありません。
料金も安く非常にお手頃で50,000円程度から行うことができます。
ただその反面、持続期間が短く半年から1年程度で胸の大きさが元通りに戻ってしまうでしょう。
そうすると再びヒアルロン酸を注入しなければならず、長い目で見ればあまりメリットはありません。
一時的に胸を大きくしたい場合などは良いかもしれませんが、そうでない場合は脂肪を注入するかシリコンを利用するかのどちらかになります。
脂肪注入の場合には、自分の脂肪がよくついているお腹やお尻などから脂肪を取り出し注入します。
他人の体脂肪などは親和性が悪く、副作用を起こす危険があるかもしれません。
しかし自分の脂肪を移動させるだけならば副作用等が出にくいと言われているわけです。
ただこの方法はリスクがあり、お尻に傷ができると同時に胸にも傷ができます。
そして何より、大きくするのにも限界があります。
そこで自分の場合には、シリコンを入れることにしました。

コンデンスリッチ豊胸は自然にバストアップしたい方には絶対にオススメ!丁寧に様々な層に注入するので、定着率は高く、しこりのリスクは低いです!https://t.co/TWzCTKTE6H #ザクリニック #THECLINIC #ザクリニック大阪 #コンデンスリッチ豊胸 #脂肪注入豊胸 #脂肪豊胸 #脂肪注入 #脂肪移植 #CRF豊胸

— 美容外科THE CLINIC@大阪院 (@THECLINIC_O) November 11, 2020

胸の大きさにコンプレックスを抱えている人がいます1番手軽なのはヒアルロン酸副作用が起きにくく柔らかさも身体の柔らかさに非常に近い