MENU

体内で作れないなら直接補う

美容目的や月経前症候群の改善、更年期障害の軽減に役立つ事で知られている大豆イソフラボンですが、日本人女性の約半数は、その大豆イソフラボンの恩恵を受けられない体質だと判明しました。
大豆イソフラボンの成分の一つ、ダイゼインが腸内細菌によってエクオールに変換される事で、不足してしまった女性ホルモンの代わりの役割を果たすのですが、エクオールに変換する働きをする腸内細菌が体内に居ない方は、大豆イソフラボンを摂取しても、あまり効果が期待できなくなってしまうんですね。
腸内細菌は若い年代の方ほど保持していない確率が高くなっています。
では、体内にダイゼインを変換するための腸内細菌が存在しない場合は、諦めるしかないのでしょうか。
体内で生産ができないのなら、すでにエクオールになっているものを摂取すれば良いだけです。
科学の進歩は有難いもので、乳酸菌の力で大豆を発酵させてエクオールを作り、抽出する事ができているんです。
なんとなくやる気が起こらない、睡眠時間は足りているのに疲れが取れていない、物忘れが増えた、乾燥肌や小じわが気になり始めた、ドライアイが進行してしまった、そんな時に役立つのがエクオールを使ったサプリです。
過剰摂取を続けると、ホルモンバランスの乱れから、月経不順や子宮への不具合の恐れがありますので、摂り過ぎには注意をしましょう。

 

 

ホルモンの不調と仲良くなりませんか?

女性に生まれ生理が始まると、身体は「大人」になっていきます。
それは学生時代に保健体育などで習っているので、大抵の事は分かっていたつもりですが・・・。
大人の女性になるとホルモンの影響を強く感じるようになりました。
排卵期には綺麗になるとか、痩せやすくなるとか色々なメリットもありますが、生理前に憂鬱になったり浮腫んだりイライラしたり・・。
正直言って、私は女性ホルモンのデメリットも方を強く感じています。
保健体育でもっとこの事も教えてもらいたかったです。
しかし、どう足掻いても生理前のイライラや不調はやって来るもので、もう上手く付き合っていくしかないのです。
そこで私は、思い切って婦人科を受診しました。最初は抵抗があったのですが、低用量ピルを飲み始めてから少しずつではありますが、生理前の不調が穏やかになって来た感じがします。もちろん個人差もありますし、お医者さんと十分相談をしなくてはいけませんが、低用量ピルは女性ホルモンの救世主だと私は思っています。
女性に生まれて、生理が来て、女性ホルモンの真意を知る事は、結果的には自分の体と向き合えるいいチャンスではないでしょうか。
その中で自分に一番合ったホルモンのアレコレ対策を探していく事が大切だと思います。
女性のみなさん、共に頑張りましょう!

 

 

女性ホルモンとPMSについて

女性ホルモンと言えば女性にとって様々な影響を及ぼすもので大事な成分となっています。
もちろん身体自身で作るものですが、
この女性ホルモンが減少などをすると女性に特有の生理にとっても様々な影響が出ます。
その中でも最近有名になってきたものにはPMS(月経前症候群)がありあます。
このPMSですが一般的な生理痛とは違ったものであり、生理痛は生理中や後に起こる症状ですが、このPMSは月経前に起こる症状であり早いひとでは月経の二週間ほど前あたりから出る人もいるそうです。
PMSの主な症状は頭痛・肩こり・便秘・胸の張りといった身体的症状から、ストレス・眠気・集中力の低下などといった精神的症状、そして名により女性にとって大切な肌の敏感化・シミやにきびなどの悪化などというものがあります。
このPMSの原因ですが、その一つとしては排卵後に起こる黄体期に変動される女性ホルモンの「エストロゲン」や「プロゲステロン」が影響をしていると思われています。
このホルモンの働きで水分が排出しにくくなったり、やる気物質である脳内のセロトニンが減少するという現象によって、各種のPMSの症状が出ると言われています。
このほかにもPMSの原因は様々なものがありますが、やはり女性にとって大切な女性ホルモンは大切にしたいものです。

 

 

女性としての過程

赤ちゃんからおばあちゃんになるまで、女性としての過程があります。
すくすく育つ時期、幼児期から小児期へと成長する時期です。
そして、思春期を迎えます。
10〜18歳位は、身長が伸び体重も増え、精神的にも成長出来る時期です。
そして、20〜30歳位の成熟期時期です。
この時期は、女性にもっとも大切な女性ホルモン、エストロゲンの分泌がピークを迎えます。
結婚、妊娠、出産などを経験する事の多い時期ですね。
そして、40代に入ると、更年期という色々な症状に悩まされる事になります。
体力も衰えますが、卵巣の働きも低下して、女性ホルモンの分泌量が減少していくのです。
そうなると、体のコントロールをする自律神経が乱れ、色々な不快症状がでるのです。
良く聞く、ほてり(ホットフラッシュ)や発汗、イライラやうつなど、心身両面に起きます。
いつまでなのか…など期間や程度は個人個人なので、皆も経験する事であり、いつかは落ち着く…と柔軟に考える事です。
この時に摂ると良いサプリが、DHCの大豆イソフラボンです。
これは、ビタミン類や美容サポート成分をバランスよく配合しているからです。
そして、更年期が過ぎると老年期に入ります。
この頃はエストロゲンの分泌もゼロに近くなっています。

エストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐという働きがあります。
骨を丈夫に保つため、DHCのコツプレミアムCBPというサプリもお勧めです。

 

 

エクオールサプリは安全性を考慮して選択しよう!

女性の辛い症状として、更年期障害があります。
そして今、その更年期障害の対策として話題になっているのが、エクオールサプリです。
このサプリメントは、更年期対策として、多くの人に飲まれています。
しかし、その製品を選択する時、やっぱり安全について考慮したいものですよね。
その安全性ということを考える時に、まず思い浮かぶのは添加物です。
添加物が多いほど、心配されるのです。
また、そのエクオールサプリの中で、有効成分が少ないものなども心配されます。
そのため、それらの内容について心配することがないように選択したいものです。
そんな時、エクオールサプリのどこに注目をすればいいのかまとめてみました。

 

・医師がすすめる製品

 

医師がこのサプリメントなら大丈夫というものは、信頼をすることができます。

 

・体への吸収がよい製品

 

必要な成分が含まれていても、体の中でその成分が効果を発揮しなければ意味がありません。
そんな時、必要成分が十分に効果を発揮出来るように研究されたサプリを選択するようにしましょう。

 

・安全に飲むことが出来る製品

 

エクオールサプリを選択する時に、やっぱり安全性が気になります。
添加物の少ない、香料、保存料等使用していない、安心して飲むことが出来る製品を選択しましょう。

 

 

関連サイト

 

エクオール サプリ

 

こちらは、管理人が運営する姉妹サイトです。
女性ホルモンや更年期障害を改善するエクオールサプリメントの情報を掲載しています。
ホルモンバランスが崩れることで、PMS等、様々な影響が身体に出ますが、これらを改善できるということで、今注目を集めています。
興味のある方は、ぜひ訪問してみて下さいね。

更新履歴